会社設立の費用はどれくらい

現在のところ日本で設立できる会社の種類は、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つになりますが、よく設立されるのが株式会社と合同会社です。

合同会社は個人経営や少人数での起業でよく利用されています。

会社設立の費用については、株式会社と合同会社では少し異なります。

安く会社設立できるのは合同会社で、最低なら6万円ほどあれば設立できます。紙の定款ではなく、電子認証の定款を作成すれば、
定款印紙代4万円がかからないので、登録免許税6万円だけで会社設立で可能です。

株式会社の場合も電子認証定款にすれば定款印紙代を節約でき、公証人手数料が5万円、登録免許税が15万円で、合計20万円ほどで設立できます。

株式会社にせよ合同会社にせよ、
電子認証の定款を作成すれば費用を安くできますが、特別なソフトやICカードリーダ、住民基本台帳ICカードなどが必要になってきます。

ICカードリーダと住民基本台帳カードはそんなに高いものではありませんが、ソフトはけっこうな値段になります。

上記の費用は会社を設立するうえで本当に最小限度の手続き費用で、実際にはこれだけで会社を設立できるというわけではありません。会社設立をするとなれば、会社の土地建物を借りたり、会社の実印を作成したりする必要があります。

会社の設立は、全くの素人にはハードルが高いですから、行政書士などの外部の専門家のコンサルタントを利用してアドバイスをもらい、設立準備を進めていくのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *