会社設立の方法は1つではない

会社設立の方法は1つではありません。株式会社が代表的ですが、そのほかにも合同会社、合資会社、合名会社という種類があります。

会社法が改正されたことで有限会社がなくなり、
合同会社が新しくできました。現在人気なのは株式会社と合同会社のようです。

株式会社以外の会社(合同会社・合資会社・合名会社)を持分会社と呼びます。会社設立にかかるコストを抑えたいなら、持分会社を選びましょう。

株式会社の設立には少なくとも20万円程度のコストがかかります。

持分会社なら、10万円以下で設立をすることも可能です。

コストを抑えるための1つのポイントは、電子定款を利用することです。紙の定款の作成には印紙代が4万円かかります。

電子定款なら印紙代はかかりません。

電子定款の作成には代行会社に依頼をすることがおすすめです。

設立費用の内訳としては、公証人手数料、定款印紙代、登録免許税の3つが代表的なものです。株式会社の場合にはそれぞれ5万円、4万円、15万円の合計24万円がかかります。

電子定款を選べば4万円が節約でき、20万円となります。持分会社の場合には公証人手数料がかからないので、4万円、6万円の合計10万円ですみます。電子定款ならば最低6万円となります。しかし、信頼性と将来性という部分では株式会社のほうが優れていると言えます。現在だけでなく、数年先の将来も見据えて設立する会社の種類を選びましょう。

会社設立で重要なのはコストだけではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *