会社設立のメリットはどこにあるか

起業する場合には、法人として事業を行うケースと、個人事業主として事業を行うパターンが考えられます。

それぞれ特徴がありますが、法人として会社設立手続きを行って起業するメリットは、社会的信頼が確保できること、経費として計上できる項目が増えることが考えられます。

会社設立には、株式会社の場合には20万円あまり、合同会社の場合には6万円程度の費用がかかります。

かし、上場企業の中には法人としか取引を行わないところも意外に多く、社会的な信頼が大きく高まります。個人事業主から株式会社に転換すれば、取引先の反応が変わることもしばしばあります。

そのうえ、銀行からの融資が受けやすくなったり、行政機関からの許認可を受けやすくなるなど、公的な機関からの信頼も高まります。

事業を拡大したいケースで圧倒的に有利になるのが会社設立の大きなメリットです。言うまでもありませんが、起業すると納税を行わなければなりません。しかし、法人は個人事業主に比べると経費として計上できる科目が増えます。

個人事業主の場合には、その収入を得るための必要経費のみが計上できますが、法人の場合はこの幅が広がります。

具体例としては「出張手当」が挙げられます。会社で出張旅費に関する規程を設け、それに基づいて支出した経費については、その全額を経費として計上することができます。場合によっては、大きな節税効果にもつながります。

この他にも、会社設立手続きを行えば責任は有限になるメリットがあります。個人事業主の場合、多額の損害賠償請求をされたら破産するしか道はありませんが、法人であれば倒産することで責任を免れることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *