会社設立代行と税理士について

定款の策定から公証人役場の定款認証手続き、資本金払い込み後の証明書類の作成、登記申請書類の作成や法務局での登記申請などを一貫して会社設立の代行してくれるのが会社設立代行業者です。

会社設立の手続きの中に歯書類の作成や公証人役場、法務局などでの届けおよび手続きが必要になりますが、1人で会社設立を行う場合でも自力で設立登記は可能です。1人で設立登記を行う中には定款についての疑問や申請書類の書き方、必要書類には何を用意すれば良いのかなど疑問も多くあるかと思われますが、時間を掛けて行えれば誰もが出来る手続きと言えましょう。

また、最近ではネットの中に設立に関する記事を掲載している会社設立の代行のウェブサイトも多くありますし、書店にも会社設立についての専門書があるなどからも、1人で設立登記を行う事は可能です。1人で設立登記を行うと時間が多く掛かり、設立前にやっておきたい準備が出来ないなどのデメリットがあるため、代行業者に依頼するケースが多いのです。代行業者の中には設立登記にかかる手数料を無料にしている所もあります。

こうした業者の多くが税理士などとの関係があり、設立した会社の顧問税理士として任務を遂行出来る状態になれば費用を無料にしているなどの特徴があります。税理士には独占業務と言って、税理士にしか出来ない仕事が多数あります。会社にとって税金は1円でも減らしたいもの、税務相談をする相手は税理士、税務書類の作成をお願い出来るのも税理士などの特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *