会社設立代行で確実に手続をしてもらえる

会社設立に必要な手続きを完了しなければ、法的に会社設立ができたとは言えません。

そして、手続には定款の作成や認証、登記申請などを行わなくてはなりませんが、これには知識も必要となります。そうなれば、そのための知識を蓄えるために勉強する必要が生じます。また、慣れない作業であるため時間もかかってしまうことでしょう。そこで、慣れない人でも短期間で会社設立が可能な代行サービスの存在が役立ちます。これは、士業の方が会社設立に必要な書類の作成や申請手続きを代行してくれるものです。

専門的な知識やノウハウが生かされているので、自分でやるよりも確実にすべてを短期間で終わらせることが可能です。代行している士業は税理士や行政書士が多いですが、登記申請には司法書士の協力が必要となります。それは、登記申請書類の作成と代理手続の権限は司法書士には許されていますが、税理士や行政書士には許されていないからです。

税理士は、行政書士としても登録が可能で、行政書士は権利義務に関する書類の作成をすることができるため、定款の作成をしてもらうことはできます。中には、司法書士が関与していないのにすべて自分で行えるといっているところもありますが、それは違法です。万が一登記に間違いがあった場合などは責任の所在があいまいになってしまいます。なぜなら司法書士は代理人名義で登記申請手続きをしますが、脱泡している場合は発起人名義で本人として行うことになるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *