会社設立を代行してもらうことのメリット

会社設立を代行してもらうことには、手間と時間を節約できるというメリットがあります。

手間と時間を節約できるかわりに、コストがかかるということを考えている人は多いでしょう。しかし、会社設立の代行の場合には、コストまでも節約できることがあります。会社設立にかかるコストは、定款に貼る収入印紙代、公証人に払う手数料、登録免許税の主に3つです。株式会社の場合には合計して21万円~25万円程度がかかるでしょう。合同会社などの持分会社の場合には、公証人に払う手数料が不要なので10万円程度です。ここで、定款に貼る収入印紙代は4万円かかりますが、これは紙の定款を作成する場合です。

電子定款ならば収入印紙代は不要です。すなわち、代行会社に依頼をすることで定款に貼る収入印紙代の4万円が節約できるということになります。代行会社に支払う手数料は安いところならば2000円程度ですので、トータルで見てもかなりの節約となるでしょう。手間と時間が節約できるだけでなく、コストまで節約ができることが会社設立を代行してもらうことのメリットです。

株式会社、合同会社、合資会社、合名会社という4種類のうち、どの種類を選ぶのかということも重要です。消費税のことを考えると、最初は資本金1000万円未満にしておいたほうがよいでしょう。資本金は1円からでも大丈夫ですが、資本金が多いほうが信用があると考えられます。コストの節約だけでなく信用面などについても考えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *