会社設立手続きは代行会社に依頼すると費用が安くなる

会社を設立する時には手続きが必要で、その手続には費用がかかります。

例えば株式会社の場合、定款に貼る収入印紙代に4万円、定款の認証のために公証人に支払う手数料が5万円、定款の謄本を取得する費用が1000円から2000円、法務局に支払う登録免許税が資本金の0.7%または15万円のうち高い方が必要で、合計すると24万円以上の費用がかかります。この費用は必ず必要になるものですが、会社設立の手続きを代行会社に依頼すると安くすませることができます。

そのからくりは定款に貼る印紙代の4万円が必要なくなることにあります。これまで定款は紙で作成さるべきものでしたが、今は電子定款が認められており電子約款の場合は印紙代の4万円が不要になります。ただ、電子約款の作成にはシステムが必要で1回限りのために費用をかけて導入するのは現実的ではありません。しかし、このシステムを持っている会社設立の代行会社に依頼することで定款に貼る印紙代を節約することができます。

もちろん手数料は必要ですがそれでも節約できることには変わりなく、税理士顧問など他のサービスとあわせて利用することで会社設立の代行手数料が割引になることもあります。また、自分で手続きを行う場合は現金での支払いになりますが、会社設立の代行会社を利用することでクレジットで決済できる場合もあります。会社スタート時は現金に余裕があったほうが安心ですから、安全に船出するためにも会社設立の手続きは代行会社に依頼したほうが良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *