会社設立代行を選ぶ時の着目ポイント

会社設立代行を宣伝しているところは多いです。

ホームページで検索するとたくさんのページがヒットします。中には誰がかかわっているのかわからないものが多いので要注意です。まず。会社設立代行で見ておきたいのが、司法書士の関与です。これは、登記の申請の代理権限が司法書士にしかないからです。弁護士はこれをすることもできますが、登記の専門家である司法書士の方が知識は豊富です。

行政書士や税理士が代行サービスを提供していることがありますが、もしすべてを自分でやっているというなら違法です。そもそも、行政書士や税理士は登記に関する知識は十分に持っていないので、問題が起こる可能性もあります。行政書士や税理士にもそれぞれの専門知識が合って会社設立に関与してもらうことで良い点もありますが、登記に関してはする権限がない以上間違いのリスクがあります。法務局で発起人として手続きをすることですり抜けているケースは要注意でしょう。

どの士業がかかわっているのかわからない会社設立センターというような名称のところも、大体はいずれかの士業がやっているものです。きちんとしたところはしっかりと明記していますし、司法書士がきちんと登記をするといっているところもあります。それをきちんと確認して利用を検討して下さい。また、弁護士の関与があった方が安心です。会社設立に付随する法的な問題についてアドバイスができますし、要件を満たしているかどうかのチェックも可能だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *