会社設立をすると何が良いのか?

会社設立をすると何が良くなるのかというと、信用が増すことと節税が出来ることです。

特にこの節税は大きな効果がありますから、これを目当てに多くの人が会社設立をしているといってもいいでしょう。信用が増すというのはお金を借りたりする時に効果はありますが、ビジネスをしていく上では特に意味はありません。

ですが節税効果は実際にお金が手元に残るという意味で大きな意味があります。節税をしたいという人は会社設立をすることがお勧めです。何故政府は節税できるような仕組みを作っているのかというと、会社設立をしてもらうことで容易に徴税が出来るからです。

節税をするということは税の申告を自らするということであり、これによって政府は確実に税金を納めてもらうことが出来るということになるので、会社を設立した人に節税が出来る権利を与えているというわけです。

つまり、会社設立の費用等を抑える為に節税の権利は会社が税務署がするような徴税もやってくれることと引き換えに得られる権利ということになるのかもしれません。

ですが、会社としては節税による効果は大きな物となりますから、当然この権利は行使したいうということで会社設立をすることになるわけです。税金がどれだけ大きな影響力があるのかということは、タックスヘイブンといわれるような税金を免れたいがために利用するものがあるようなことでも分かります。

企業にとっては税金は自らの競争力を削ぎ取るものなのでこれが生命線に関わってくることも考えられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *