会社設立では事前の準備が大事

会社設立の場合それが合同会社であっても株式会社であっても相応に手間が掛かります。

しかも手続きは一つずつ確実に進めていかなければならないものです。先に登記を行ってから定款の作成をするというわけにはいきません。このとき申請者すなわち会社設立人が全てを行うことが出来ないわけではなく自ら全てを行うことも可能ですが、揃えお無ければならない書類が膨大でかつ作成にも時間がかかります。

したがって通常は士業の専門家に依頼をしてその上で段取りを進めていくべきものです。定款の作成については自らおこなうということもあり得ます。ただしその場合でも紙ベースで申請を行うのかあるいは電子定款で行うのかという判断はありますし、提出先となる公証役場にて話しを聞くことは必要です。

このとき一定の書式を満たしたものである必要がありもしその書式を満たしていない場合には申請が通りません。定款を作成しその認証を受けた後は登記を法務局にて行います。

この申請は一般的には士業の専門家に依頼を行ってその上で会社設立登記がなされるのが一般的です。専門的な用語も多く提出までに時間がかかりやすいため事前に依頼をするなどして段取りよく進めていきます。

登記申請から完了までは時間がかかりますので、その間に会社設立以後に行わなければならない役所への手続きを準備します。これらの手続きは会社設立には直接関係はありませんが、一連の事務手続きとしてセットで考えておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *