会社設立の流れについて

近年、会社法の改正によって会社設立のための条件(資本金の額など)が緩和されました。

改正後は資本金1円でも株式会社を設立できるようになったため、会社の設立数は増加しています。(現在では有限会社は設立出来なくなっており、全て株式会社としての設立となっています。)。東京で会社設立には会社の定款を作成と法務局での会社設立登記が必要となります。

会社設立の流れを簡単に説明しますと、まず定款に記載すべき会社の基本事項を決定することから始まります。ここでいう基本事項とは『会社名および本店所在地』や『資本金の額』、『取締役』などの項目になります。これらが決定すると会社定款の作成となります。定款とは前述した会社の基本事項が記載されたものであり、いわば会社の憲法と言えるものです。

定款には記載しなければならない事項が定められており、作成後には公証役場において公証人による認証を受ける必要があります(認証を受けていない定款は登記の際に添付書類として認められません)。定款の認証を受けた後はいよいよ法務局での登記となります。会社の本店所在地を管轄する法務局での手続きとなり、申請書の他に前述の会社定款その他様々な添付書類(取締役の住民票など)を提出します。

登記手続き自体は提出された書類に不備が無ければ一週間程度で完了します(不備がある場合には法務局の担当者から訂正を求められます)。登記が完了した時点をもって株式会社が設立されたことになります。また、同時に会社の印鑑証明も発行可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *