ネット社会は会社設立のビッグチャンス

ネット社会は正に会社設立のビッグチャンスと考えるべきでしょう。

この機会に会社設立をしてビジネスをしなければ、今後これほどのチャンスは二度と来ることはないといって間違いありません。何故なら今はネットが普及したばかりですから、参入障壁がほとんどないような状態です。既にこれまでに会社設立をした人たちが、かなりのシェアを獲得しているといっても、まだまだ信用を獲得したという事はないでしょうから、全然参入障壁がない状態と考えて問題ありません。

ネット社会の最も凄いところは資本による有意性が極めて少ないことです。超有名企業がだす情報も無名の個人が出す情報も等しく一つの情報となっていて、どの情報を見るのかは視聴者の判断に任されるという事になっています。これは極めて稀有なケースです。というは、これまでほとんどの情報は資本を持っている人しか出すことが出来なくて、テレビ広告にして、新聞広告などにしても有り余る資本を持つ人でなければ全世界に向けて情報発信することは不可能だったのです。

これは明らかに大きなビジネスの参入障壁となっていたと言えます。それがネット社会となったことで一気に参入障壁が無くなり、フラットな状態になったわけです。むしろこれまで情報を独占してきたところは、これまでの自分たちの情報発信があまりにも恣意的であったために批判をされて信用を失っているところでもあります。ですから、そのような時に会社設立をしてビジネスをすれば大いに成功する可能性が高いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *