会社設立に必要な費用

ビジネスを行いたいと思った場合、個人で行うよりも会社設立して企業として行った方が利益を出しやすくなる場合があります。

例としては、税制面で優遇があったり、顧客が見つけやすくなったりオフィスを借りやすくなったりと対外的信用が得られやすくなる、といったことが挙げられます。

会社設立を行うには、大きく分けて二つの費用が発生します。

まずは会社の登記自体にかかる費用です。会社の基本原則を定めた定款に貼る必要がある収入印紙代、登記にかかる費用である登録免許税が発生します。これらは定款の方式によって金額は前後しますが、必ずかかってくる費用となります。

次に、ビジネスを始めるにあたっての初期投資です。自宅を利用してやっていくならば必要ないと考えがちですが、ビジネスが拡大していったときそれでも問題はないかという視点も持っておくべきでしょう。

携帯電話が一般化した今の時代であっても固定電話のない企業は信用に欠けるという認識を持つ企業は多く存在します。自宅の電話にかかってくるようになって不都合が生じることを考えれば、あらかじめビジネス用の番号を取得すべきですし、その費用を念頭においておくべきでしょう。

また、取引先等の来客を考えた場合、オフィスが存在しないとどこで迎えればよいのかという問題になります。レンタルオフィスのようなサービスを利用する手段もありますがそれにも費用が必要となります。

せっかく始めたビジネスの機動性を妨げないためにも、を会社設立の際には計画的に動くこと、費用を用意しておくことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *