会社設立することのメリット

個人レベルでネットの副業程度にやっていた仕事が期待を上回る業績を上げ、さらに成長が見込めるとなったとき、はじめて会社設立を考えるという方が増えています。

個人事業としてやっているほうが何かと小回りがきくことがわかっているため、費用のかかる手続きをしてまで会社を設立する必要があるのか、という判断は自分だけでは難しいでしょう。

では、会社を設立する人は何を目的として行っているのでしょうか。最初にあげられるのは個人事業と比較して信用が大きく増すことです。

会社を設立、維持するためには多数の書類を提出し、事業の方向性、継続性を明らかにする必要があり、税金も毎年きちんと納めなくてはなりません。その面倒さがある反面、それをこなしているということで、いい加減な対応をされることはないという安心感を取引相手や顧客に与えることができるのです。事業の拡大を考えている場合、既に同様の事業をしている会社が存在する状況で個人事業のまま営業をかけても、大抵の人は会社組織として営業している方を選ぶでしょう。

会社として登記していても実体は一人で運営している会社もありますので、個人事業と内情に大差ないように感じられるかもしれませんが、顧客は会社組織として認知されている方を選びたくなるのが普通です。

会社設立する際は、株式会社と合同会社の2つの選択肢があります。ごくおおまかに言って、株式会社は設立、運営にかかる費用が大きいですが、社会的な信用度はより高く、経費として認められる支出の種類も多いため、より規模の大きな事業を展開するときに適しています。合同会社は会社設立の費用、運営コストが比較的安価で、また損益配分が自由に行えるなど、個人事業ほどではないものの小回りがきく点が魅力です。

いずれを選ぶかの判断を含め、会社設立を考えているなら、ネットでも無料相談を受け付けているところがあるので、一度相談してみるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *