会社設立で今まで以上に仕事に力が入る

自らの会社を持つということはそれだけで特別な意味があるため、個人事業主としてやっている人の中には会社設立に伴う法人化を検討している人も少なくありません。

フリーランスの立場でもそれは同じことです。

フリーランスは組織に属していないことで仕事の幅が広い一方で法人としか仕事をしない企業との関係がなかなか築けないなどの問題を抱えています。

会社設立によって法人化をすればそうした企業とも関係を持つことができます。

今まで以上に仕事を精力的にこなすだけでなく、会社を維持して発展させるだけのパワーが必要になっていきます。会社設立をすれば節税対策になるとよく言われますが、この節税対策は生活を良くするためにあるものではなく、企業を発展させるためにそれが存在すると思って間違いありません。欠損金の繰越期間が延びるのも積極的な設備投資などを行い、それを長い期間をかけて繰り越していくことで税金の支払いを調節でき運転資金を手元に残せるようになります。

個人事業主は個人の収入のためですが、会社の場合はそれだけに限らず、社会貢献なども含まれていきます。社会に対する責任が乗っかるからこそ今まで以上に仕事に精が出るというものです。法人化をする場合、それを機にオフィスを借りて退路を断つ形で始める人が多いです。

個人事業主はわざわざオフィスを借りるほどのメリットはないですが会社設立をしてしまえばこれらも経費で落とせます。次のステージに上がるためにも会社設立をしておいて損はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *