会社設立で利用できるストックオプション制度

将来的に上場を検討している人はいち早く会社設立を行って上場に向けた活動をしていかないといけません。

一方で個人事業主にとってみても会社設立によって資金集めをしやすくし、その一環で株式を発行していくことは普通のやり方です。

この時におすすめなのがストックオプション制度の有効活用です。ストックオプション制度はあらかじめ決められた値段で株を社員に買ってもらい、それを上場のタイミングなどで売ってもらって差額を得てもらうというものです。

上場を目的とした会社設立をするにしても、最初のうちはキャッシュがなく、社員を雇うにもお金をあまり出せないためなかなか話に乗ってくれる人はいません。

お金はあまり出せないけど株はいくらか与えられるという時に株を渡すことで、どこかのタイミングで売りたい、売れるような価値を作り出したいと社員が頑張るようになるというのがこの制度のポイントです。

当然ながら個人事業主の時にこうしたことはできず、会社設立をしたからこそできる芸当です。ベンチャー企業などは積極的に活用していくことで優秀な人材を確保し、しっかりと働いてもらうことができます。もちろん上場を考えていない会社設立ではなんら意味のない制度ではありますが、最初から高いモチベーションを持って働いてもらうためには必要な制度の1つです。あとは上場できるだけの実績を作り出すことだけを考えて社長以下従業員が頑張っていくことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *