会社設立の時に決めていくこと

個人事業主の人が会社設立を検討している場合には、まずは会社形態を選定することから始めることになります。

会社形態には良く見かける株式会社の他に、合名会社、合資会社や合同会社があります。小規模な会社形態として見かけることが多い有限会社は現在は新規に設立することはできないので、4種類の会社形態から選ぶこととなるでしょう。

通常多くの事業者が株式会社を選ぶことが多く、社会的な認知度も高いでしょう。事業内容に応じてそれぞれメリットがあるので、専門家などの意見を参考にして会社形態を選ぶと良いです。

会社形態が決まった後は、会社設立に向けて会社名称を考えることになります。会社名称は事業を行うで非常に重要なものとなるので、しっかりと考えて決めることが重要となります。

覚えやすい名称や事業内容がわかりやすい名称を用いることが多くなっています。会社名称を決めた後は、会社設立をする場所を決めることとなります。会社所在地は自分が好きな場所を選んでよいので、事業を行いやすい場所を選んで事務所ビルを借りると良いでしょう。

最初のころは賃料負担が大きくなってしまうので、自宅をオフィス代わりにしている人も多くなっています。会社設立をする際には、会社定款を作成することになりますが、自分で作成すれば、費用をかけずに作ることができます。

忙しい人は、会社定款を代わって作成してくれる事業者などを探して依頼すると時間の節約になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *