会社設立に必要なこととは

会社設立となると、何から手を付けてよいか皆目見当もつかない人も多いのではないでしょうか。

別にそれでも構いません。というのも、何かの事業、商売を行うことと会社設立とは別物というか、まずは事業、商売が先にあって全く構わないからです。

どうやって会社を作ったら良いのかなどを考えるよりも前に、まず自分は何をやりたいのか、どんな事業で独り立ちをしていくのかを先に考えるべきですし、実際にも多くの人は誰からも言われなくてもそのようにしているはずです。

そして、自分が何をやりたいのか、どんな事業を行っていくのかを考えれば、会社設立よりも前にそれを自分でまず行ってみることができます。

仮に何かの商品を販売することで利益を上げたいと考えているのであれば、今ではインターネットのショッピングサイトを立ち上げるようなことは誰にでも比較的簡単にできます。

あるいは、自分の持っている技能や技術を活かしてサービス業に取り組みたいと考えている人でもインターネットを活用して宣伝することはできます。もちろんインターネットが全てではありません。既に持っている人脈というのは重要でしょう。

まずはそういう人を通じて商品を購入してもらうなりサービスを受けてもらうなりして、次第に口コミも含めて顧客の範囲を広げていくという方法もあります。

これらは全て別に会社という組織を立ち上げなくてもできることですし、それらが軌道に乗ってきてから会社設立を考え出しても遅くはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *