会社設立の準備として流れや費用を知っておく

サラリーマンとして働いている人の中にも、将来は独立して事業を行いたいと考えている人もいることでしょう。

漠然と独立をイメージしていても、なかなか動き出すことができないので、独立に備えて会社設立の流れや必要な費用などを考えておくことが大切となります。

会社設立の流れとしては大きく分けて、会社定款作成認証と法務局への会社設立登記申請が必要となってくるでしょう。会社定款は、法人の基本的な事項を記載しているものであり、絶対的記載事項としてその会社の目的、名称、本社所在地からなどを記載することとなります。

会社定款の作成には基本的なルールがあるので、慣れていない人が作成するとかなり手間がかかってしまいます。自分自身で調べながら作成することもできますが、専門業者に作成を頼んだ方が、時間的には節約できます。

会社定款を作成する前に、会社の本社所在地を決めることが必要であり、自宅に事務所を置くか、賃貸事務所を借りて仕事をするかを決めることとなります。

会社定款を作成したら、公証人の認証を受けることが必要であり、認証手数料5万円を支払うこととなります。そのほか、紙で定款を作成した場合には、印紙代4万円が必要です。

そのほかにも絶対に必要となる会社設立時に費用としては、商業時申請時の登録免許税や会社実印作成のための費用などがあります。司法書士を利用して登記申請を代理してもらう時にはその分の報酬も用意しておくこととなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *