会社設立当初はレンタルオフィスも良い

事業を立ち上げる時、最初のうちは思ったように利益を上げることが難しいので、できるだけ経営上のコストを削減できると良いでしょう。

会社設立の際に、きちんとした事務所ビルを借りてしまうと、かなりの費用負担となってしまうので、最初はレンタルオフィスを利用するというのも一つの方法といえます。

東京都内の便利な駅の近くなどにレンタルオフィスが用意されていることが多いので、事業を行う上で便利でしょう。会社設立登記の際にも本社所在地として登記することもできるので、名刺に都内の良い場所の所在地を記載できます。

営業などで取引先に名刺を渡す際も、本社所在地が都心部の良い場所にあると、取引先に信頼してもらうことができる可能性が高くなります。レンタルオフィスを利用するメリットとしては、机やいすなどを一緒に借りることができ、インターネット回線も利用することができるという点が挙げられます。

賃貸オフィスビルを自分で借りた場合には、机やいすなども自分でそろえなければならないので、会社設立時の出費がかなり大きくなってしまいます。

レンタルオフィスでも、電話回線を利用することができたり、電話を携帯電話に転送してくれるサービスなども利用できるので、営業上はかなり便利です。

レンタル会議室やレンタル応接室なども予約して利用することができるので、商談や来客にも対応が可能です。会社設立時はレンタルオフィスを利用して、事業拡大に併せて賃貸オフィスに引っ越しをすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *