会社設立は業者に任せた方が安くなるのは本当か

会社設立代行業者のホームページを見ると、ご自身で会社設立をするよりも安くなります、などと宣伝していることがあります。

普通に考えると、業者に依頼するには手数料がかかるわけなので、自分でやった方が安くなるような気がします。そのため、これは本当かどうか疑問に感じる方も多いでしょう。

結論を言うと、これはケースバイケースです。会社設立代行業者は電子定款を使っていますが、電子定款で定款認証を行うと4万円の印紙代がかからない分コストを抑えることが可能です。

ならば自分で電子定款を作成するのが一番お得であるといえます。これは事実です。しかし、電子定款を作成するためのソフトは3万円以上しますし、別途カードリーダーを購入しなければなりません。それらを合わせると、結局は印紙代で浮いた分以上のお金が必要です。

つまり、これらをすでに持っている人が自分でやれば一番安いわけです。会社設立代行業者は、電子定款を使っていて、なおかつ自分でやるより安くなると宣伝しているところは手数料が1万円程度になります。

つまり、自分で必要なソフト等を持っていない人がこういった業者に依頼した場合、3万円程安くすることができて、機材を購入して自分でやるよりも安く会社設立ができることとなります。

以上のように、本当に自分でやるよりも安くなる場合がありますが、環境がすでに整っている方の場合は自分でやった方が安いです。もちろん、頼めば手間暇を節約できるメリットはあるため、利用する価値はゼロではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *