会社設立に必要なものとは

会社設立を行うためには、証明書や印鑑、資本金や住所などの準備が必要です。

証明書としては、出資者の印鑑証明書と、取締役または代表取締役の印鑑証明書が1通ずつ用意しなければいけません。出資者の印鑑証明書は、取り寄せることなどができないので、市区町村役場などに直接足を運んで取得しに行きます。

設立に時間的な余裕がない場合、早いうちに準備しておくと困りません。他にも会社設立には発行日から3ヶ月以内の原本が必要となります。出資者と取締役がそれぞれ1通ずつで、出資者と取締役を兼ねている場合も合計2通必要です。

印鑑証明書は、出資者のものは公証役場へ、取締役または代表取締役のものは法務局へ提出します。会社設立は個人だけでなく、法人や社団なども出資することができます。

出資者が法人の場合は、法人の印鑑証明書と法人の履歴事項全部証明書が1通ずつ必要です。設立に関わる書類に押印する必要があるので出資者の個人実印と取締役または代表取締役個人実印を用意することも欠かせません。

会社の法人実印も、法務局への設立登記を申請する時に必要となります。資本金の払込時に利用するため、出資者の銀行口座も準備しなければいけません。出資者が複数の場合は、代表となる者の銀行口座を用意すれば資本金の払い込みが可能です。

資本金は現金を1円以上か、現物出資を行うことができます。会社の住所も登記事項に含まれるため、届け出るための住所は必須です。

株式会社の本店所在地として登記するための住所なので、実際に住所が存在していれば自宅やテナントでも構いません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *