会社設立に必要な実印について

会社設立では2種類の実印が必要になります。

1つは会社設立を行う人の個人の実印であり、前もって用意をしておく必要が有ります。もう一つは、会社の代表印となる実印であり、実印自体は会社登記を行う前までに用意をしておく必要が有ります。

会社設立では、定款を定める時に個人の実印と印鑑証明書の書類が必要になります。そのため、実印を持っていない場合は、実印を購入をしてから、自宅の住所が管轄になっている市区町村の役所で印鑑登録を済ませてから印鑑証明書の交付を受けておく必要が有ります。

尚、印鑑証明書は有効期限と言う物はありませんが、3か月以内に発行されたものが一般的とされているので、会社設立を行うと同時に交付を受けておけば良いでしょう。また、個人の実印は払い込み証明書の書類にも利用するため、印鑑証明書の書類は2部以上が必要になります。

会社の代表印となる実印は、会社設立後の契約などに利用する大切な実印であり、効力を持たせる意味において、会社登記を行う時に印鑑登録が必要になります。それ故に、設立をスタートすると同時に購入をする人も多いのですが、この時印鑑をセットで購入をしておくのがお勧めです。

これは、会社の角印や社印などの印鑑であり、設立後に利用する機会が多くなりますので、実印と併せてセットで購入する人が多いのです。尚、会社の角印や社印と言うのは実印とは異なり印鑑登録をする必要はありませんので、設立後に用意をしても良いのですが、設立準備をする時に用意しておくのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *