会社設立を行う事で得られるメリット

会社を運営するためには資金が必要となります。

材料を購入して物を作り、それを売ると言うビジネスの場合、材料を購入すための資金や設備投資金が必要になるわけです。融資は銀行などの金融機関から受ける事が出来ますが、金融機関は信用取引をモットーとしているため、信頼が出来ない個人事業主などの場合は融資を断れてしまう事が在ります。

信頼性を築き上げるためには何をすべきかと考えた時に法人格でもある会社設立がそれを可能にしてくれるのです。会社法が改正されたことで会社設立をし易くなっています。

資本金額は1円から、役員の人数は1名から出来る事、資本金の払込み証明は通帳の記帳で良くなったこと、監査役は任意で立てれば良い事、類似商号における緩和が行われているなど、会社設立は従来と比較をすると楽に出来るようになっているのです。

融資を受ける条件として、法人格が必要であれば設立をした方が得なのですが、一般的に法人にした方が良いと言うのは年収が700万円を超える場合だと言います。これは税金における優遇を受ける事が出来ると言う意味であり、信頼性を得る目的とは異なります。

企業の中には個人事業を行う所とは取引をしないと言う所もあるので、会社設立を行う事で取引先を増やせるメリットも在ります。これにより、従来の売上よりも利益率を高められるなどのメリットが有ることからも、個人事業を手掛ける人の中には会社設立を行って、設立におけるメリットを活かしている人が多くなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *