会社設立のための準備

会社設立をするためにはまず、商業登記をしなければなりません。

この商業登記をすることによって、会社ができたことを世間一般に認めてもらうことが可能となります。会社をつくることを公言するだけでは会社をつくったことにはならないのです。

この商業登記は最寄りの法務局に対して行うこととなります。会社設立をする地域を管轄する法務局を調べて、その法務局に対して届出を行うのです。この手続きは通常、司法書士に依頼するケースが多くなります。

司法書士は身近な法律問題を取り扱う法律家であり、成年後見制度などについて相談をすることができます。そして司法書士が最も得意とする仕事が会社設立を含む商業登記なのです。しかしながら、司法書士に依頼する場合には数万円程度の費用がかかってしまいます。

この費用を高いと見るか低いと見るかは人それぞれでしょう。最近では、この司法書士への依頼費用を節約するためのインターネットサービスが人気となっています。会社設立に関する商業登記は設立者自らが行うことも可能です。

しかしながら商業登記に精通していなければなかなか難しいと考えられてきました。商業登記法には様々な決まりやルールが記載されていて、それに従った形で申請しなければならないからです。

しかし、インターネットサービスが誕生したことで、商業登記法を知らない人でも簡単に会社設立登記ができるようになっています。説明に沿った形で申請書類を作ったり、必要な書類を用意すれば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *