会社設立のための手順について

会社設立というと非常に複雑な作業をイメージしがちですが、法的に会社設立をするということそれ自体は非常にシンプルなものとして知られています。

具体的には必要な書類を揃えて所轄の法務局に届出を行うことによって会社設立が行われます。法務局には法人の名簿である登記簿というものが存在していますが、会社を作るための設立登記を行い、登記簿に組み入れる作業そのものが会社を作るということを意味するのです。

この様な意味では会社設立に大きな建物や工場などは必要ありません。従業員がいなくても社長である自分一人と自宅さえあれば誰でも会社を作ることが出来るのです。改正された新しい会社法では資本金の制約も軽くなり、30万円程度の資金があれば誰でも新規での設立が可能になりました。

そのため敷居は大幅に低くなりました。現在ではわずかな資本金で設立可能になりましたので誰もが社長になれる時代であると言えるでしょう。さらにはこの様な作業は必ずしも自分で行う必要があるわけではありません。

この様な法的な手続きの専門家である行政書士などが会社設立の代行手続きのサービスを展開していますし、最近では税理士も同じように手続きを代行するというサービスを展開するようになってきています。

個人事業であれ一般の事業として会社を大きくしていく場合であれ健全な企業運営のためには様々な専門家の助けを借りるのが最も賢い方法であると言えます。そのため必要に応じて専門家の力を借りて手続きを行う様にするのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *