会社設立をする手続き

会社をつくりたいと考えている場合には、法務局に対して会社設立の登記を行わなければなりません。

この手続きを経ない限りは、会社をつくったことにはならないのです。会社という組織は目に見えるものではありません。ですから、他の人たちに対して会社設立を行ったということを知らせるためには、法的な会社設立手続きが必要となるのです。

その手続きは、商業登記と言われています。それでは、商業登記を行うためにはどのような手順が必要となるのでしょうか。まずは、申請書類と言う法務局に提出する書類をつくらなければなりません。

この書類はもちろん、会社設立者が作成することも可能です。しかしながら、この申請書類に記入する内容は商業登記法という法律で決まっており、その書式に則って記載しなければなりません。

したがって、その法律に定められている内容以外のことを記載してしまうと、法務局は受け取ってくれないのです。そのようなことになってしまうことを避けるためには、商業登記を普段から行っている専門家に依頼することをおすすめします。

商業登記を行っている専門家は司法書士です。司法書士に依頼をすることによって、円滑に会社設立登記を行うことができるのです。専門家に頼んでしまえば、時間の節約にもなりますし、ミスを未然にふせぐことにもつながります。時間をかけずに会社をつくるための手続きを進めたい場合には、最寄りで活動する司法書士に依頼をしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *