会社設立の仕組みを理解しよう

個人事業を手掛けていた人の中には、税金面で優遇が出来るからと会社設立を行う人がいます。

一般的に年収が700万円を超えた場合、個人事業で商売をするよりも、法人格になった方が税金面で優遇を受けられると言われており、この年収を超えている個人事業主の多くは会社設立をしていると言います。

また、会社組織にすることで、社会的な信用を得る事が出来るため、個人事業主として仕事をしている時よりも、客先が増えたり、資金繰りに困った時など金融機関が融資をしてくれるケースが多くなります。

更に、高額なOA機器などを導入する時などもリースが利用しやすくなるなどのメリットが在るのです。尚、会社設立と言うのは、会社を法務局の登記所で登記を行って、法人格になる事を意味しています。

会社設立を行う時には、定款を定めてから公証人役場で定款の認証を貰い、資本金の払い込みと、資本金払込の証明書を作成するための通帳の記帳、法務局での実印の登録、会社登記と登録免許税の納税と言った作業が会社設立になるのです。

尚、定款と言うのは会社の基本的なルールを記した書類であり、絶対的記載事項、任意的記載事項、相対的記載事項の3つで構成されており、この3つの中でも絶対的記載事項は必ず記す必要が在ると言った特徴を持ちます。

また、株式会社を設立する場合に限り、定款は公証人役場で定款の認証を受ける必要が在りますが、認証は会社法に準じている事で得る事が出来ると言われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *