オフィスレイアウトのデザイン変更で能率アップ

毎日仕事をするオフィスは快適である方が仕事の能率も上がります。

毎日オフィスで仕事をしているとあまり変化もないためいつも同じような感覚になってしまいがちです。しかし実際のところ毎日そこで業務をしていて気付いていないだけで、オフィスレイアウトのデザインを見直すことで作業性も変わってくるのです。オフィスレイアウトのデザインを見直すチャンスはそう多くありません。

組織の変更や人事異動があればそのタイミングに見直しをしてみるのも方法です。一般的にオフィスは上司がいて島型に机が配置されているものですが、個別に集中して仕事を行うような場合は、机や座席も集中できるようにパーテーションなどで仕切るという方法もあるのです。その方が仕事の能率が上がることにもなるのです。

ただいつまでも集中できるものではありません、数時間もすれば集中できなくなって来るものであり、また仕事の能率を落としてしまう事になるのです。このような場合に必要なのが気分を入れ替えることができる場所です。オフィスレイアウトのデザインを考える時にリフレッシュスペースを入れておくといいのです。

そうすることで気分を入れ替え変えてまた新たに仕事に打ち込むことができるようになるのです。他にも通路や書類などを保管するスペースもできるだけ広く使いやすいようにとっておくことも大切です。いつも何気なく通っている通路も実は狭く通りにくいということもあり少し広くするだけでも作業性も変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *