オフィスレイアウトの際にはデザインも重要

オフィスレイアウトには様々な効果、影響があります。

まず最も大きいのは業務効率です。例えば机の配置一つとっても、業務上で必要な動き、つまり動線が悪かったり、必要なスペースがしっかり取られていないだけで効率はかなり落ちてしまいます。逆に言えば、オフィスレイアウトで業務効率はかなり上げられます。そしてもう一つ、オフィスレイアウトで忘れてはならないのはデザインです。

デザインは二の次、と考えられる方もいますが、デザインの与える影響、効果はかなり多岐にわたるだけでなく、その大きさもかなりのものになるのです。例えばメーカーなど物の製造、設計などをする企業にとっては、オフィス、特にワークスペースや会議室、休憩室などを楽しさが伝わるようなカジュアルなものとしたり、独特なものとすることにより、新しい発想やより良いコミュニケーションが生まれる可能性が期待できます。

一方で銀行などより信頼感が求められるところの場合は、落ち着いた雰囲気と安心感を与える色合いを使えば、それだけで来客に与えるイメージが変わってきます。また、自社のブランドマークや特徴的な製品をモチーフにしたものなども増えてきています。

そうすることで対外的なアピールに繋がるだけでなく、自社製品に対しての誇りを従業員に持たせ、モチベーションを上げるといった効果も期待できるのです。このように、オフィスレイアウトに対するデザインの与える影響にはかなりのものがあります。専門の業者に依頼するなどして、デザインも素晴らしいオフィスにしてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *