営業部門のオフィスレイアウトのデザイン

仕事の効率性が高まらないという悩みを抱えている場合、オフィスレイアウトが影響している可能性があります。

実はオフィスレイアウトをデザインし直すだけでこれまで使うことができなかったスペースを利用することが可能になり、スタッフを増やせるようになります。必然的にスタッフの動き方も変化しますし、あらゆる物の配置も変化するので業務が極めて効率的になります。一方、デザインが正しく行われていない場合は不必要な移動が生じてしまったり、作業量が増加するといった支障が生じてしまうのです。

そこで意識すべき効率的なオフィスレイアウトというのは、部署や体制と円滑に連携可能な状態です。関係部署とのやり取りが円滑に行われていくと業務や運営が最適化されて、どのような対策を行っても解決できなかった問題がクリアになります。そのため、大手企業においては既に情報に関する事柄など複雑な内容をやり取りする時にはコミュニケーションが取りやすいようにデザインされていることが多いです。

こうした中、物理的に物の量が多くて難しいと言われているのが営業担当のオフィスレイアウトです。常に社外に出ていて整理する時間が確保できないのにも関わらず、お客様に提示するための資料が次々と増えていくためです。セキュリティの面からも好ましくないので、しっかりとした収納棚を設けると重宝されるでしょう。もちろん、情報漏えいの関係上そういった状態の机の近くを顧客に歩かせるようなデザインは望ましくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *