快適なオフィスレイアウトのデザイン

オフィスは仕事を効率的に行うことができるようにレイアウトを考える必要があります。

オフィスレイアウトを見直すタイミングはそれほど多くないため、オフィス移転や組織変更、人事異動のタイミングで考えることです。オフィスは個人で考えるよりも、オフィスのイメージや組織間の連携まで考えてレイアウトをデザインすることが大切です。これは基本コンセプトということになりますが、明るいオフィス、働きやすいレイアウトといったことですが、もう少し具体的にしなければデザインすることは難しくなります。

オフィスレイアウトは執務スペースとミーティングスペース、リフレッシュスペース、エントランス部分に大きく分けることができます。明るく働きやすいといった基本コンセプトからそれぞれ執務スペースとミーティングスペース、リフレッシュスペース、エントランスをどのようにデザインするのか決める必要があります。執務スペースは業務の内容や組織との連携によって配置を決める必要があります。

組織ごとの関連をよく考えて仕事の効率がよくなるようにオフィスレイアウトを設計します。ミーティングスペースは会議や来客にも使うことがあります。いくつかパターンを用意しておくと様々な用途に使用することもできます。リフレッシュスペースは働きやすくするためにも必要で気軽に利用できるようにします。気分転換して会話を行うことができるスペースで社内活性化を図ることもできるのです。エントランス部分は来客者が抱く会社のイメージにもなります。明るく開放的な雰囲気にするといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *