オフィスレイアウトの効果

社員の作業効率が上がらずに業績不振がつづくと、オフィスの雰囲気も悪くなりますし、空気まで重くなって余計にモチベーションが落ちてしまいます。

苛立つ上司と共に仕事をするのは苦痛でしかありません。社員ひとりひとりを責める前に、何か原因はないか、またそれについての有効な対策はないか、考えてみることが大切です。なぜかモチベーションが上がらず、生産性の低いオフィスというのは、レイアウトが雑然としています。きちんとした整理がなされておらず、書類は散らかり放題になっています。その場にいるだけで集中力が散漫になるようなオフィスでは、生産性が落ちて当然です。

大胆なオフィスレイアウトの変更によって社内の空気を一気に変えてみてはいかがでしょうか。人はどんな仕事をするにおいても、周りの環境の影響を必ず受けています。騒々しい中で仕事をするよりも、癒しあふれる自然の中でクラシック音楽でも聴きながらパソコンに向かったほうが、効率は上がるでしょう。もちろん、オフィスレイアウトに限界はありますが、あらゆる癒やしの要素を取り入れるのは決して悪い判断ではありません。

たとえば、フロアや壁を木目調に変えて、白い蛍光灯から優しい光を放つ間接照明に変えてみます。まるで一息つくためのおしゃれなカフェに訪れたような雰囲気になります。苛立つことの多い会議の内容でも、優しい空間に包まれていれば冷静な議論ができるでしょう。オフィスレイアウトの工夫にはこのような効果が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *