業務が行い易いオフィスレイアウトの変更のコツ

オフィスは、一日の大部分を過ごす事になる場所ですので、動きやすく、窮屈な印象を持たないようにオフィスレイアウトを考えていく必要があります。

オフィスレイアウトの変更を行う際には、動線の確保、日常における業務で必要な物が直ぐに使えるように設置しておくといったポイントを押さえておく必要があります。オフィスで行う作業としては、顧客や取引先からの問い合わせに対して、データベースで検索して、検索結果から回答を行なったり、取引先と商談をしたりといった事が行われますので、各スタッフの机には、パソコンや電話が直ぐに使えるようにしておきます。

紙の資料を見る際には、分かりやすいようにラベルを貼ったファイルに資料を纏めておき、誰もが閲覧出来るように、専用の棚に保管します。資料棚の置き方、オフィス家具の置き方がオフィスレイアウトのポイントとなり、レイアウトを上手に行う事で、オフィスの空間を広く見せられます。スムーズに動ける動線だけを用意するのではなく、部屋全体が広く感じられる空間を用意する事で、オフィス環境は大幅に改善する事が出来ます。

オフィスレイアウトを行う時には、専門の業者に依頼して、家具やレイアウトに関してアドバイスを貰いながら、オフィスに必要な物を購入していくと良いでしょう。このような提案の仕事は、インテリアデザイナーなどが担当しており、建築物や部屋の間取り、オフィスでの業務内容など様々な要素を総合的に考えて、オフィスレイアウトを考えてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *