会社設立と年間所得について

株式会社設立を行う事で世間からの信頼を得ることが出来ると言います。

会社法が改正されたことで、会社設立も従来と比べると様々な規制緩和が行われており、容易に会社設立が可能になっています。中でも最低資本金の引き下げと言うのは、従来会社を作るためには資本金額が最低1000万円だったものが1円になったことは会社を作り易くしている要因と言えます。また、従来の会社法のルールでは取締役は最低3名、監査役を1名配置する事が必須だったため、1人で会社を作る場合には無理が生じる事になったのです。

現在では取締役の人数は1名であり、監査役は任意となっているため、1人で株式会社を作る事も可能になっているのです。個人事業主の人が株式会社を作ると言うのは、世間からの信頼を得られるようになりますので、融資を受けることも可能になって来ます。また、企業によっては法人格でなければ取引をしないと言うケースも有りますが、個人事業主だった人が株式会社を作ることでビジネスチャンスが広がるなどのメリットも有ります。

経費の面においても、個人事業主の時には認められなかった経費が、株式会社にしたことで経費として認められる範囲が広まると言うのは税金面においてもメリットが生じる事になるわけです。年間の収入が700万円を超えた場合は、会社設立をした方が税金面において優遇を受けることが出来ると言われており、この収入の額に応じてメリットが活かされるか否かになるのだと言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *