会社設立は年収600万円~700万円が目安

会社設立は法人として会社を登記する事で、定款の作成から認証手続き、資本金の払い込みと払込み証明書の作成、そして登記所での印鑑の登録並びに登録免許税の納税などを行う事で会社設立が可能になります。

個人事業主の人が会社設立を行う事で、世間からの信用を得られるようになり、法人格のみとしか取引をしない会社とのビジネスが広がる事も有れば、銀行からの資金繰りを用立てられる事、そして税金面において優遇を受けられたり、経費として認められる範囲が広まるなどのメリットを持ちます。一般的に、個人事業を手掛けている時に、年収が600万円から700万円を超えている場合は、会社設立を行う事で税金面での優遇を受けることが出来ると言われており、設立するか否かは年収600~700万円が目安と言われています。

また、会社として設立を行う事でリース会社との契約を結べるようになります。これは先ほど説明を行った中にある、法人格のみとしか取引をしない会社と言う事でもあり、信用が出来る事でOA機器を導入したり、会社の中に新たな設備を導入する場合など、新品の製品をリーズナブルな価格で導入が出来るようになると言うメリットが有るのです。

尚、会社設立は個人で行う事も可能になりますが、代行を手掛ける会社に依頼をする事で、設立による作業を全て一任することが出来ますし、その間は経営における準備を行えるなどのメリット、代行会社は公認会計士や税理士、行政書士と言った人々で運営が行われているため、設立後の税務相談などにも税理士に応じて貰えるなどのメリットが有ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *