会社設立時の定款の作成と払い込み証明書について

会社設立は会社の基本的な事項を取りまとめてから定款を作成しますが、株式会社設立の場合は定款認証を受ける必要が有ります。

尚、定款には紙の定款と電子データの定款の2種類があり、電子データの定款を電子定款と呼びます。電子定款はインターネットを利用して定款認証が可能な方法であり、紙の定款に必要となる印紙代の4万円を節約できるなどのメリットが有ります。但し、電子定款での認証にはインターネットの接続環境、専用のアプリケーションソフトウェアやハードウェアなどが必要になると言う特徴が在ります。

定款の認証を得た後は資本金を払い込みするのですが、資本金を払込んだ証明として通帳の記帳を行います。通帳はコピーをとることで払込み証明書を作成することが出来るようになっているのです。尚、この通帳のコピーで良くなったのは会社法が改正されてからなのです。従来の会社法の法律の中では、払い込み証明書は金融機関が発行したものが必要と言われていました。これから会社を作る人にとって金融機関が発行する払い込み証明書の入手は困難であり、払い込み証明書を作成してくれる金融機関を探す事も会社設立の中では重要な作業だったと言います。

銀行などの金融機関は信用取引を行うため、会社をこれから作る人に対して、信用性を求めることが難しいため、多くの金融機関が払い込み証明書の発行を断れてしまう事も多く在ったと言います。尚、払い込み証明書、定款の写し、その他の書類を法務局に提出して会社登記を行う事で会社設立の作業は完了になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *