会社設立と類似商号について

現在の株式会社設立は、最低資本金額は1円、取締役の人数は1名、監査役は任意と言った条件になっています。

また、類似商号の廃止と言うのも会社設立のルールの一つでもあるのですが、類似商号は法務局内で管轄区内で同一の商号や類似している商号、そして事業目的が類似もしくは同一の会社を作ることが出来ないと言うものであり、新しい会社法の法律ではこの規制が緩和されているのです。同じ名前での会社設立が出来ないと言うのは、先に会社登記をした方が有利と言う事になるわけですが、社名が同一の会社が近所に在っては何かと不便ですし、会社を利用する顧客にとっても間違いが生じてしまう事もあります。

社名と事業目的が一致すると言うケースはそれほど多くはないわけですが、それでも類似している場合には注意が必要になってきます。法務局の中では、会社登記された情報を閲覧することが出来るようになっており、これから会社を作る人がその情報を閲覧して社名の存在を確認するのが類似商号であり、現在はこの作業は不要になっていると言います。

しかしながら、同じ町内に同じ社名が在るのは良くないなどの理由からも、会社を登記する前には法務局内で類似商号を確認してから登記を行うケースが多く在ります。また、類似商号を調べておけば、後々のトラブルも回避出来るなどのメリットも有ります。そのため類似商号調査の廃止が行われていたとしても、会社設立を行う上では事前調査は必要と言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *