会社設立と最低資本金について

会社設立する場合、資本金の払い込みが必要になります。

資本金は会社の規模を表すものです。新会社法が制定された事で最低資本金の額は1円からでも良くなったわけですが、資本金は会社の規模を示すものであり、1円と言う訳には行きません。会社設立する場合の資本金額は300万円や500万円と言った額を用意して会社設立をするケースが多いと言います。しかしながら、新会社法が施行される前は1000万円が最低資本金で在ることからも、費用が少ない起業家にとっては魅力的なものと言えます。

また、新会社法が施行された事で資本金を払い込んだ後に通帳の記帳を行い、所定のフォーマットで払い込み証明書を作成出来る事も魅力的な話です。従来の法律の中では、会社の資本金を払い込んだ後は金融機関に払い込み証明書の発行を依頼しなければなりませんでした。銀行などの金融機関は信用取引を行うため、これから会社を作る起業家は信頼性が無いため、払い込み証明書の発行をしてくれないケースが多くあり、証明書の発行をしてくれる銀行を探し出す事が必要になっていたのです。

また、払い込み証明書を発行して貰うまでには日数がかかると入れており、現在のように通帳の記帳を済ませた後に引き出して事業資金として利用することが出来なかったのです。このように、新会社法が施行されたことにより、最低資本金の額は大幅に引き下げられ、払い込み証明書に対する規制が緩和されるなど、会社をスムーズに設立しやすくなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *