会社設立のメリットについて

会社設立を行う事で様々なメリットが生まれて来ますが、具体的にはどのようなメリットが有るのでしょうか。

個人事業を手掛けている時には経費として認められなかったものが、会社設立を行って法人になる事で経費として認められたり、年間の収入は個人事業主の場合は所得税として税金が課税されるのに対し、会社設立を行って法人格になる事で法人税と言った形になり、税金における優遇を受けることが出来るなどのメリットが有るのです。この税金における違いについて見てみると次のような形になります。

資本金が1000万円未満で会社設立を行った場合、年間課税所得額が800万円超えた場合の法人税は30%、法人事業税は9.6%、法人住民税所得割は5.19%、法人住民税均等割は一律7万円になり、合計税率と言うのはこれらの税率の合計と7万円となります。尚、合計税率と言うのは、法人税の30%、法人事業税の9.6%、法人住民税所得割の5.19%を合計(44.79%)し、法人住民税均等割の7万円を加算したものが合計税率になります。

これに対して、個人事業主の場合は800万円の年間収入となった場合は、事業税が4%~6%と所得税や住民税合算で33.0%となるため、会社設立を行った方が納める税金の額が少なくて済むため、会社を設立した方が税金面に対して優遇を受けることが出来るなどのメリットが有るのです。これに加えて、経費として認められる範囲も広くなるなどのメリットもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *