会社設立と類似商号調査について

会社設立を行う時、会社の名前でもある商号を定める事、会社の事業目的を定める事が必須となります。

会社の商号や事業目的と言うものは会社の顔でもあり、会社設立を行う時には誰もが時間をかけて決める事になるのが特徴です。尚、会社法が施行されてからは類似商号における緩和が行われており、類似商号調査というものが不要になっています。類似商号と言うのは、似たような社名などの事を意味しているのですが、似たような社名で会社設立をすると、顧客が迷ってしまうなどのデメリットが生じますし、既に会社を設立している会社からのクレームの対象にもなりかねません。

同じような社名が存在している事で紛らわしさを生み出してしまう事からも、法務局の管轄内での類似商号の調査が必須となっていたのです。この類似商号調査は、管轄となる法務局に出向いて行うものであり、自分が決めた会社名が既に利用されている場合は、同じ名前での登記を行う事が出来なかったのです。

新会社法が施行されたことで、同一住所での類似商号は現在でも登記が出来ない事になっていますが、住所が異なる事で同じような商号で会社登記を行う事が出来るようになっているのです。但し、同じ管轄の中で似たような社名が在っては後々のトラブルになる可能性もありますので、定款を定める前に会社の社名についての調査を行って、同一管轄内で利用されていない商号をした方が良いと言われており、会社設立でのポイントになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *